この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

野菜の下処理の時間をカットする

そのまま料理に使用できる

生の野菜を買っても、食べやすい大きさに切って、皮を剥いてから出ないと料理に住用できません。
下処理に時間が掛かるので、代わりに冷凍野された野菜を使ってください。
下処理された野菜が零冷凍されているので、そのまま料理に使用できます。
使いたい分だけ使えるというのも嬉しいですね。
生も野菜をたくさん買っても、賞味期限内に使い切るのは難しいでしょう。

お弁当作りに使う分は、量が少ないと思います。
冷凍野菜なら使いたい分だけ出して、余った分は冷凍庫で保管できます。
冷凍すればかなり長期間保存できるので、野菜が腐る心配はありません。
ブロッコリーやナス、ホウレンソウなどたくさんの冷凍野菜があるので、よく使う野菜を買いましょう。

すばやく冷凍されている

冷凍野菜には、栄養がないと思っている人がいるでしょう。
しかし収穫をしてすぐ下処理され、瞬間冷凍されるので栄養が逃げるスキがありません。
冷凍野菜でも、栄養がたっぷりなので安心して購入できます。
自分で生野菜を買ってきて、時間がある時に下処理を済ませて冷凍させても良いと思います。
キノコは冷凍することで組織が破壊され、旨味や栄養が増えると言われています。

小分けに切って冷凍すると、お弁当用のおかずを作りやすいのでおすすめです。
袋に野菜を入れる場合は、何が入っているのかすぐわかるよう、袋に名前を欠いておきましょう。
いつ冷凍したのかも書いていると便利です。
冷凍庫を綺麗に整理することで、料理中に取り出しやすくなります。